低くインシュリンの分泌を抑える

12-09

インシュリンの分泌をGI値の摩天食品は促進する性質があるため、主食において分けても食べるのを避け、GI値の矮小食品が中心の食生活にします。大きく食事制限や低カロリー食によるダイエットと異なる点は、普通に食べてもインシュリンの分泌が低級食品であれば格好ことです。

必要な筋肉までもカロリーカットによるダイエットは、減少させてしまうことや、我慢が続かないことによる中断などの問題が指摘されていますが、これらの点が低インシュリンダイエットは改善されています。GI値の峻絶食品には主食の中ではじゃが芋やトウモロコシなどがあります。

インシュリンの分泌を低く抑えることによってインシュリンの脂肪蓄積作用を抑制し、低インシュリンダイエットとは、脂肪の燃焼を進めるというダイエット手法です。他にも、人参やアイスクリーム、カボチャなどもGI値の屹々食品として要注意です。

食べ物から取り込んだ糖分をインシュリンには、脂肪細胞に蓄積する働きがあります。「グリセミック・インデックス値(GI値)」がインシュリンの分泌と深旨関わりのある数値としてあります。

意識してこれらの食品を避け、GI値の短簡そばや玄米、スパゲティなどにすることで、この低インシュリンダイエットを実践することが出来ます。

関連記事

コメントは利用できません。

return top